トップ / 歯科助手と衛生士の違い

歯科助手と衛生士の違い

歯医者にいる歯科助手

歯医者の縁の下の力持ち歯科助手

歯医者で働くのは歯科医師と衛生士だけではありません。助手の仕事は診療に必要な道具を順番どおり正確に手渡しするなどの役割がメインです。他には治療の記録をつけたり、受付の役割を兼任していることもあります。道具を滅菌したり、ユニットを消毒したりと、所謂雑用のようなことを一手に引き受けているのが助手です。歯医者の中では衛生士と同じような白衣を着ていることが多いため、一見わかりづらいですが、歯石除去やブラッシング指導など直接治療に関わるのが歯科衛生士で、直接治療に関われないのが助手です。

エステ,顔

矯正をするか悩んでいる人へ

笑顔からこぼれるきれいな歯は、それだけで顔全体が美しく見えます。噛み合わせがが悪いと顎の発達や、食事の際に消化も悪くなります。最近は就職面接を気にして慌てて歯科に矯正の相談に行く方が増えています。今日すればすぐ直るものではありませんので、気になったら早めに相談に行くことをおすすめします。年齢や成長に合わせて器具を調整しながら施術していきますので無理なく行うことができます。使用するブラケットも透明で目立たないものもあります。矯正をするか悩んでいるときは、信頼できる歯科医に相談することをおすすめします。

↑PAGE TOP