トップ / 発症前の歯科受診について

発症前の歯科受診について

発症前の歯科受診

歯科の定期検診について

歯科に行く場合は、ほとんどが症状が発症してから行く人が多い多いですが、ここでは定期検診について述べます。まず定期検診に行くと虫歯があるか、歯周病の進行具合がどうなのか検査します。特に歯周病は80%以上の人がなっている歯の病気です。歯周病はほっておくと歯がボロボロになり手遅れになる場合があります。検査して歯石が、ある場合は歯石除去を行ないます。その後は歯医者から正しいブラッシングを教えてくれます。虫歯や歯周病の説明も丁寧にしてくれます。ですので症状がなくても歯科に定期検診行くことで未然に予防出来るのです。

エステ,顔

予防歯科で大切な歯を守る

歯の病気にかかるリスクを減らしたい場合は日頃から「予防歯科」に力を入れる事が大切です。子どもの頃は虫歯の治療がメインになりますが、大人になると歯周病や歯槽膿漏にかかる方も増え、さらに母子感染を防ぐために妊婦さんの予防対策にも力を入れる必要があり、年代によって歯科にかかる理由は変わってきます。虫歯が大きくなればそれだけ削る部分も増えますが、神経を取る事で確実に歯科の寿命は短くなります。それが複数の歯に及ぶと将来は総入れ歯になってしまうかも知れませんので、そうならないためにアドバイスをしています。

↑PAGE TOP